発信する人事の交流会「HR Meetup Tokyo Vol.3」に参加してみた!

HR Meetup Tokyoとは?

人事や採用に関する情報に世の中にあふれています。

しかし・・・「実際にやってみてどうだったか?」そんな体験談を共有する場はなかなかありません。「HR Meetup Tokyo」では、そんな人事・採用担当者のみんさんが集まってそれぞれの採用体験談を3分間のプレゼンで発表するという熱量の高いイベントです!

過去の開催の様子を見るとその盛り上がりが伝わってきます・・・
第1回の様子
第2回の様子

ということで今回は、10月7日に開催された「HR Meetup Tokyo Vol.3」に参加させていただきました!
主催のメルカリ人事の石黒さんの乾杯のもとイベントがスタートし、参加者の人事の方のライトニングトークが始まりました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-10-01-17

 

「オファーレター書いてますか??」 from メルカリ石黒さん

主催でもあるメルカリの石黒さんのLT。内容は、「オファーレター」について。オファーレターとは、内定を出す方に対して条件や形式的な連絡となることが多いイメージですが、メルカリでは「入社すべき理由」「期待していること」を一人ひとり異なる内容で送っているそうです。さらには、人事の方からだけでなく、場合によっては現場の方など候補者の方が貰って嬉しい方からオファーレターを送るように人事が準備しているとのことです。このお陰で、内定辞退率も非常に少なくなったとのこと!

・・・確かに。オファーレターを貰うと嬉しいですよね。なんと、オファー後の内定承諾率は90%超とのことです!!

 

「リファラル採用の原理原則」from HARES西村さん

HARESの西村さんのLTでは、「リファラル採用の原理原則」について。従業員にとって「誇れる会社であるかどうか?」ということが全てということです。従業員が友人や知人に自分の会社を自慢げに紹介できる状態を整えた上で、呼びかけていくことが重要になります。その「会社に貢献したい!」という気持ちを、エンゲージメント(Engagement)と言い、eNPSで計測し現状分析をする。そして、向上のための施策を打っていくということを行うことで、リファラル採用を成功につなげてきたそうです。

 

「タレントプールの活用法とは?」エイラシステムズ原田さん

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-10-01-55

エイラシステムズの原田さんのLTでは、「タレントプールの活用」について。タレントプールとは、過去に繋がったことのある採用候補者リストのことです。例えば、過去に「採用面接をしたけど、スキル不足だった方」「ご案内できるポジションが無かった方」「内定辞退されてしまった方」に対して、定期的にご連絡をしているとのことです。「自社イベントに招待したり」「こういうポジションが新しく出来たのですが興味ないですか?」と連絡するようにしているとのことです。さらには、その方々に良い方を紹介までしてもらうこともあるそうです。このような施策によって、全体の10%がタレントプール活用によって採用できているとのことです!

 

「採用マーケティングを考える」ビズリーチ関さん

ビズリーチの関さんのLTでは、「採用マーケティング」について。昨今の日本の採用市場は採用競争が一層激しくなり、「潜在層の掘り起こし」「ROIによる効果的な獲得手法の見極め」が重要になってきているとのことです。つまり、採用がマーケティングの考えによりいっそう近づいてきているということです。転職意向なしの潜在層への認知度向上のために、「働く社員のインタビュー」や「働く環境を紹介する」などといったメディアの活用。転職意向ありの顕在層との距離をぐっと近づけるために、「オフィスを活用した社内イベントの実施」。実際に選考を受けてくれている候補者を取りこぼさないようにするために「選考プロセスの見直し」「選考を受けた方へのフィードバック」を行うことによって施策を打っていくことが採用マーケティングにおいて重要とのことです。

 

「逆フロー採用」サイバー・バズ小河原さん

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-9-54-11

サイバー・バズの小笠原さんのLTでは、「逆フロー採用」について。逆フロー採用とは、サイバー・バズさんで実施された新卒採用の採用プロセスを以下のようにガラッと変えたプロジェクトのことでした。

・説明会&グループ面接
・人事の個人面接
・社長による最終面接

・説明会&社長によるグループ面接
・人事の個別面接
・現場マネージャーによる最終面接

このように社長による見極めを最初に入れることによって、確実に欲しい人材の母集団形成を行うことができるようになった。最後の見極めを現場の社員が行うことによって、「悩ましいから次回判断」という面接の増加を防げるようになったなどと、工数削減において大きな成果を出すことが出来たとのことです。

 

まとめ

採用をする会社ならば、大なり小なり必ず悩み事はあるはずです。そんな悩みを一人で悩まずに同じ「採用」という領域でトライされている皆さんで集まり、ディスカッションできる機会は貴重だと感じました。発信することで、もっと良い情報や相談仲間が見つかるというのも素敵ですね。

ぜひ、皆さんの採用ノウハウも「HR Meetup Tokyo」にて発信してみてはいかがでしょう?

The following two tabs change content below.

清水巧

株式会社Combinator代表取締役 「採用をみんなでやる仲間集めに再定義する。」ビジネスで世の中の課題を解決することに興味があります。最近、オフィスでスイカを育て始めました。